院長略歴

骨盤矯正

・医療系学校を卒業後、国家試験を受験。国家資格柔道整復師免許を取得。

・柔道整復師本来の技術として骨折・脱臼・捻挫などについて,よりハイレベルな外傷処置を学ぶため上京。 

・東京の整形外科に勤務し、リハビリテーションと外傷処置の臨床経験を積む。日本運動器科学会リハビリテーションセラピスト取得

・在京中に東日本大震災に被災。
その後医療ボランティアとして被災地入りし、過酷な状況を目の当たりにした経験などをきっかけに「マッサージや外傷処置が出来ただけで力になれたのか?」「本当に人の力になるとはどういった事なのか?」という事を自問する。
その後、もし再度こういう現場に遭遇することがあった時「身体の痛みを早期に取るための本当の治療技術」こそが必要と考え、治療家として「全ての運動器疾患を1回で治す」ことを究極の目標として志す。
                   

・治療技術「オステオパシー」と出会う

・東京での修行を終え地元福山に帰郷。地元整骨院に勤務をしながら治療技術の研鑽を重ねる。

全日本オステオパシー協会入会。

・医心接骨院を開業。


                                         

資格・所属など

・国家資格柔道整復師
・日本運動器科学会リハビリテーションセラピスト
・全日本オステオパシー協会大阪支部会員

◆使用テクニック◆
ストレイン・カウンターストレイン
・Facilitated Positional Release(FPR)
・Ligamentous Articular Strain(LAS)
マッスルエナジーテクニック
・頭蓋オステオパシー
操体法
・筋膜リリース
皮膚運動テーピング
・PNFストレッチ
トリガーポイント療法
・その他リハビリテーションテクニックetc

※比較的分かりやすい説明のされているHPをリンクしております

院長 小野田 


関係者の皆様へ

整形外科では厳しくも本当のプロ意識とメディカルな知見を、接骨院では臨床経験と治療技術の向上に対してのサポートを、そして当院の立ち上げから運営においては地元のたくさんの方々にお世話になり、前述のような志を体現する為の院を開設することが出来ました。
そして未熟な私に期待をしていただき、臨床経験という形で育てていただいた患者様、その方たちを含めた関係者全ての方々に感謝します。
皆様のお気持ちやご期待に応えられるよう力強く歩み、精進していきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。